Skip to main content
Data SubmissionDatabaseSupercomputerActivitiesAbout Us

ユーザーアカウント発行基準

遺伝研スパコンの対象ユーザー#

国立遺伝学研究所は大学共同利用機関の一員として遺伝学を中心としたライフサイエンス系の研究・教育のためのリソース提供を目的としてスーパーコンピュータシステムの運営を行っています。

ユーザーは遺伝研スパコンを無料で利用できることを原則としていますが、事業継続性、計算資源の効率的利用の促進の観点から特に大規模データの保存、付加的なサービスの利用に対して課金によるサービスを行っています。

一方、スーパーコンピュータシステムは外国為替及び外国貿易法(外為法)の輸出管理規制の対象となっており、兵器製造目的などで使用すると処罰の対象となります。このような背景から、遺伝研スパコンでは以下の方々を対象にログインユーザーアカウントの発行を行っております。

  1. 外為法の定める国内居住者でありかつ大学あるいは国公立研究機関の教員
  2. 1.の共同研究者、あるいは1.の指導の下にある研究者、学生、委託企業の研究者など (留学生、海外への転任、海外の研究者を含む)

利用目的・成果については原則として公開となっております。ただし公開時期の延期を希望される場合はその旨承ります。

外為法に関する注意事項#

留学生、海外勤務の方など外為法の定める国内居住者ではない場合、 審査のためアカウント申請時に以下a)b)c)の情報が必要となります。

  • a) 過去における、大学・研究機関・企業への所属歴、研究内容
  • b) 現在の、勤務形態 (フルタイム、パートタイム)
  • c) 現在も、海外での身分が継続されているかどうか。

記入例

#  外為法の定める国内居住者であるか否か。(居住期間6ヶ月以上か否か) 
申請者 OOOは 国内居住6ヶ月以内 / 海外居住中 / 海外に所属先が存在 ですので非居住者に該当します。申請者 OOOは 現在xxx大学に所属しスパコンアカウントを所有していますが、xx年xx月より下記海外研究機関に所属変更となります。
# 下記についてご回答をお願いいたします。
a) 過去における 大学・研究機関・企業への所属歴、研究内容(例)20xx年xx月-20xx年xx月     xxx大学 (日本)    博士課程大学院生    タンパク質配列解析20xx年xx月-20xx年xx月     xxx大学 (フランス) ポスドク研究員    xxゲノムデータに関するNGSデータ解析20xx年xx月- 現在          xx大学  (日本)    現在の職名    xxゲノムシーケンスやRNAシーケンス情報の解析
b) 現在の、勤務形態フルタイム / パートタイム
c) 現在まで、海外での身分が継続されているかどうか。海外での身分が継続されています。xxx大学 (国名)  職名
Last updated on