DDBJグループクラウド(DGC)の利用方法

 

DDBJグループクラウドは、個人ゲノムデータを含みアクセス制限を必要とするデータを研究グループ内で共有するためのサービスです。論文投稿時には大量のデータをJGAに簡単に登録・データ移行することが可能となります。共有されているデータを解析する際には遺伝研スパコンの個人ゲノム解析区画を利用することが可能です。DGC_overview.png

 

1. 利用申請の方法

 サービス利用の際は、利用規程および利用規程別表(料金表)をご確認いただき、「拡張サービス利用申請書」をダウンロードし必要事項を記入の上、sc-help.pngまでメールにてお送りください。(他のサービスと異なり拡張サービス利用計画表については提出の必要はありません。使用量の変更は他のサービスとは異なり半期に一度のみとなります。)利用目的を審査の上、課金サービス利用許可の案内をお送りします。遺伝研スパコンの混雑状況によってはご利用できない場合がありますのでご了承願います。

 

2. 利用料金

利用規程別表(料金表)から抜粋。

 DGC_price.png

 (*) JGAに準じたデータ構造を持つデータをクラウド上にアップロードし、データアクセスが許可された研究者間で共有するサー ビス。初期導入費用、セキュリティー監視、運用の人件費を含む。異なるデータ構造への対応など追加開発が必要な場合につ いては基本料金の他に別途開発費が必要。状況の変化により次年度以降の価格が変更になる場合があり得る。