2018年5月16日 Phase1 ディスク使用量削減のお願い


現在、Phase1システムのホーム領域 ( lustre 1、lustre2 )の使用量が増大し、物理ディスク使用量が90%を超えております。削除可能なデータの削除をお願いいたします。

 

解析結果や使用済みデータなどは削除やPhase2システムへの移動を行う等、ディスク使用量の削減にご協力お願い致します。 特に大容量を使用しており、長期間利用が確認できないユーザのデータについては、断りなくPhase2システムにデータ移動させていただく場合がありますのでご了承下さい。
ホーム領域は複数のユーザで共同利用する領域ですので、不要になったデータは削除してディスク使用量の削減にご協力くださいますようお願いいたします。

 【使用量確認方法】
ホーム領域の最大容量、各ユーザ毎の現在のディスク使用量、は以下に掲載しております。

https://sc2.ddbj.nig.ac.jp/index.php/disk-info
(閲覧にはスパコンアカウントによるログインが必要です)

【データ移動方法】
Phase1システムからPhase2システムにデータを移動する方法については以下URLからご確認下さい。
項目:データ移行方法
https://sc2.ddbj.nig.ac.jp/index.php/ja-howtouse#datashift

【Fat計算ノード】
Fat計算ノードでPhase2のlustreも使用可能です。方法については以下URLからご確認下さい。
https://sc2.ddbj.nig.ac.jp/index.php/ja-uge-additional#info10

 

何卒ご理解とご協力を賜りますようよろしくお願いいたします。


ご質問がありましたら、スパコン質問フォームよりお問い合わせください。
https://sc2.ddbj.nig.ac.jp/index.php/ja-question2