(終了)2013年9月4日 計算機リソース拡張利用申請(大規模利用申請)一時停止のお知らせ

国立遺伝学研究所スーパーコンピュータシステム利用者各位

2013年9月4日 
国立遺伝学研究所 DDBJセンター スーパーコンピュータシステム管理チーム

平素より、国立遺伝学研究所スーパーコンピュータシステム(以下 スパコン)をご利用いただき誠に
有難うございます。

現在、スパコンのホーム領域(Lustre)の使用量が増えてきて、物理ディスク量がひっ迫しております。 
つきましては、計算機拡張リソース申請の新規受け入れを中間増強でディスクが増設されるまでの間 
一時停止しております。

  【中間増強】
  2014年3月よりスパコンの中間増強を予定しております。
   ・ホーム領域(高速領域): 5PB (総計7PB)
   ・Thin計算ノード:202ノード (総計554ノード)
   ・Medium計算ノード:8ノード (総計10ノード)

なお、ホーム領域の最大容量、各ユーザ毎の現在のディスク使用量および申請ディスク使用量は
以下に掲載しておりますのでご確認下さい。

http://sc.ddbj.nig.ac.jp/index.php/disk-info
(閲覧にはスパコンアカウントによるログインが必要です)

ご理解とご協力を賜りますようよろしくお願い致します。