(終了)2014年5月8日 PHASE1システム研究用計算ノード数の変更のお知らせ

国立遺伝学研究所スーパーコンピュータシステム利用者各位

2014年4月25日
国立遺伝学研究所 DDBJセンター スーパーコンピュータシステム管理チーム

平素より、国立遺伝学研究所スーパーコンピュータシステムをご利用いただき誠に有難うございます。

以下の日程にてPhase1の一部研究用計算ノードをDDBJ業務利用に変更致します。

ご理解、ご協力頂けますようよろしくお願い致します。

   <変更作業日時>

         2014年5月8日(木) 14:00 ~ 16:00

    <変更内容>

        ・Phase1の研究用thin計算ノード

      month_hdd.q  6ノード → DDBJ業務利用に変更 
      month_ssd.q  2ノード → DDBJ業務利用に変更 
      week_ssd.q  22ノード → DDBJ業務利用に変更

    <変更後のPhase1システムでのジョブ投入について>

        ・以下のキューは変更無くご利用頂けます。

      month_fat.q         1ノード
      month_medium.q   2ノード
      debug.q             3ノード
      login.q               8ノード
      month_gpu.q       62ノード
      week_hdd.q       100ノード

        ・ジョブ投入時に「-l month」のみを指定したmonth_hddジョブはmonth_gpu.qで実行されます。

        ・SSDを利用する場合はPhase2システムをご利用下さい。

また、今後の予定としてmonth_gpu.qに所属するノードのリソースを
UGEの機能を用いて分割し、GPUを使用するジョブと使用しないジョブ
で実行キューを明確に分ける事を想定しています。
この件につきましては、詳細が決まり次第別途連絡致します。

以上、よろしくお願い致します。