(終了)2016年3月25日 ~3月28日 【LUSTRE2障害】スーパーコンピュータシステム LUSTRE2障害のお知らせ

国立遺伝学研究所スーパーコンピュータシステム利用者各位

2016年3月28日
国立遺伝学研究所 DDBJセンター スーパーコンピュータシステム管理チーム

平素より、国立遺伝学研究所スーパーコンピュータシステムをご利用いただき誠に有難うございます。

下記の通り、Lustre2にて一時的にファイルが書き込めない状況になっておりました。
ご迷惑をおかけして申し訳ございません。


    障害発生日時
        2016 年 3 月 25 日 (金) 夕方頃 ~ 2016 年 3 月 28 日 (月) 11:00

    障害内容

        上記の期間内において一時的にLustre2へファイルが書き込めない状況になっておりました。

    障害原因

         Phase1のLustre2において、inodeの空きがなくなり新規にファイルを書き込めない状態が 
         発生しました。暫定対策としてLustre2の不要ファイルを削除し、現在は書き 込みできる状態 
         となっておりますが、再度同様の問題が発生する可能性があります。

    対策 
        lustre2をホーム領域としてご利用の方は、不要なファイルの削除をお願い致します。


        どのLustreをホーム領域として利用しているかは以下のコマンドでご確認頂けます。

        ※Phase1システムgwにログイン後
        [<username>@gw ~]$ ls -l /home/<username>
        lrwxrwxrwx 1 <username> <groupname> 22 2月 14 16:00 2014 /home/<username> 
        ->/lustre2/home/<username>
        ※ホーム領域はlustre1,lustre2のいずれかとなります。


        ファイル数は以下のコマンドでご確認頂けます。

        ホーム領域がlustre2の場合
        [<username>@gw ~]$ lfs quota -u <username> /lustre2
        Disk quotas for user <username> (uid xxx):
        Filesystem  kbytes   quota   limit   grace   files   quota   limit   grace
        /lustre2  283820       0       0       -     640       0       0       -

 --- 
国立遺伝学研究所 スパコン管理チーム 
http://sc.ddbj.nig.ac.jp/
address.png