(終了)2017年7月27日【定期メンテナンス:4】国立遺伝学研究所スーパーコンピュータシステム サービス再開のお知らせ

国立遺伝学研究所スーパーコンピュータシステム利用者各位

2017年07月27日
国立遺伝学研究所 DDBJセンター スーパーコンピュータシステム管理チーム

平素より、国立遺伝学研究所スーパーコンピュータシステム(以下 スパコン)を ご利用いただき誠に有難うございます。

定期メンテナンスのため、スパコンのサービスを停止しておりましたが、サービスを再開いたしました。

ご協力頂きありがとうございました。

 

fat計算ノードは7/27 17:30にサービス再開しました。

 

     
  1. 詳細
    •     再開日時:2017 年 7 月 27 日 (木) 4:20 ~
    •     再開内容:スパコンログインサービスの再開
    •  
  2. 留意事項
    •     UGEの設定変更に伴い、投入中のジョブは削除されました。
    •     ジョブは再投入して頂けるようお願いします。
    •     投入しているジョブによっては1度目の実行で出力されたファイルの存在 により、
    •     2度目の実行がエラーもしくは不適切になる場合があります。
    •     問題の発生が懸念される場合は、中間ファイルや結果ファイルを削除した上で、
    •     ジョブを再投入して頂けるようお願いします。
    •  
  3. 変更内容
    •     (1) UGEの設定変更
    •       ・ Phase1システムおよびPhase2システムのすべてのジョブの標準実行上限時間を3日に変更いたしました。
    •         qsubコマンド実行時に、ユーザはジョブの実行時間を指定してください。
    •       ・ Phase1システムおよびPhase2システムのdebug.qおよびshort.qのキューの実行上限時間を
    •         3日に変更しました。
    •       ・ Phase1システムおよびPhase2システムのweekキューをmonthキューに変更しました。 
    •         week_hdd.q は month_hdd.qに、week_ssh.q は month_ssd.qにキュー名が変更となります。
    •         また、キューの実行上限時間は62日に変更となります。
    •       詳細はUGE設定変更のおしらせを参照ください。
    •    
    •     (2) OSSのバージョン更新と標準パスへの変更
    •       OSSのバージョン更新と標準パスへの変更を行いました。
    •       フルパス指定をせず、環境変数パスをご利用の方は、バージョンの差異により意図しない動作が
    •       起こる可能性がございますのでご注意ください。
    •       詳細は【定期メンテナンス:2】7月24日 ~ 7月27日 定期メンテナンスに伴うOSSのバージョン更新のお知らせ
            参照ください。
    •  

 

 

--- 
国立遺伝学研究所 スパコン管理チーム 
http://sc.ddbj.nig.ac.jp/
address.png