2014年3月4日 スーパーコンピュータシステム 大規模利用申請の再開について

国立遺伝学研究所スーパーコンピュータシステム利用者各位

2014年3月4日
国立遺伝学研究所 DDBJセンター スーパーコンピュータシステム管理チーム

平素より、国立遺伝学研究所スーパーコンピュータシステムをご利用いただき誠に有難うございます。

2014年3月5日からのシステム増強フェーズ稼働に伴い、大規模利用申請を再開致します。
再開後のディスク容量については以下のポリシーにて運用させて頂きますのでご了承下さい。
(2012年3月稼働システムを Phase1システム 、システム増強分の2014年3月稼働システムを Phase2システムと記載)

  【ホーム領域利用ポリシー】

  ・Phase2の基本のホーム領域として全ユーザが1TBまで利用可能。

  ・Phase1ホーム領域の大規模利用申請はディスクに余裕が出来るまで引き続き停止とする。

  ・Phase1時に申請頂いたディスク容量はPhase1とPhase2の合計量とし、超えない範囲でPhase2への移動を可能とする。
   (Phase2の基本のホーム領域である1TBは除く)

   (例)現在20TBの大規模利用を申請しているユーザがPhase2のホーム領域を基本の1TB以上利用したい場合、
      Phase1領域を10TB、Phase2領域を11TBのように合計容量が変わらない範囲で移動可能とする。
      (データ移行中はPhase1の領域は変更せず、データ移行完了後にPhase1の領域を10TBに変更します。)

  ・合計ディスク容量を増やしたい場合は再度大規模利用申請して頂く。

 

現在、大規模利用申請用のページを作成中です。
ページ公開までは、Phase2の大規模利用をご希望の方はメールでのお問い合わせをお願い致します。

  お問い合わせ窓口

その際、以下の情報を頂けますようお願い致します。

  1.アカウント名
  2.Phase1希望ディスク容量(TB)
  3.Phase2希望ディスク容量(TB)
  4.データ移行予定期間
  5.利用予定期間
  (6.利用詳細)※合計ディスク容量を変更したい場合のみ記入して下さい。使用期間とディスク使用量と使用理由を具体的に記入してください。

  ---記入例---
  1.アカウント名: username
  2.Phase1希望ディスク容量(TB): 10TB
  3.Phase2希望ディスク容量(TB): 11TB
  4.データ移行予定期間: 2週間
  5.利用予定期間: 3か月
  6.利用詳細:
   ゲノムデータの網羅的な解析を行っており、入出力ファイルが一系統あたり200GB程度必要となります。
   本研究では50系統程度を扱う予定であり一時的に10TB程度の領域が必要となります。
   既存の領域では足りないため、Phase2での使用領域の拡張を申請します。
   使用期間:2014年4月1日~2014年4月15日、ディスク使用量:Phase1 10TB,Phase2 3TB、使用理由:データ移行および解析準備のため
   使用期間:2014年4月16日~2014年6月30日、ディスク使用量:Phase1 10TB,Phase2 11TB、使用理由:NGS解析データ格納のため
  ---------------

なお、現在のホーム領域の最大容量、各ユーザ毎のディスク使用量および申請ディスク使用量は
以下に掲載しておりますのでご確認下さい。

  ユーザ別ディスク利用状況
  (閲覧にはスパコンアカウントによるログインが必要です)

以上