メインコンテンツまでスキップ
Data SubmissionDatabaseSupercomputerActivitiesAbout Us

Jupyter Notebookの使い方

Jupyter Notebookサーバーの起動#

まず最初に、qloginにより割り当てられたインタラクティブノードのローカルIPアドレスを調べます。

$ ip a | grep ib010: ib0: <BROADCAST,MULTICAST,UP,LOWER_UP> mtu 1500 qdisc mq state UP group default qlen 256    inet 172.19.7.186/20 brd 172.19.15.255 scope global ib0

この例の場合はqloginにより割り当てられたインタラクティブノードのローカルIPアドレスは172.19.7.186です。

次にインタラクティブノード上でJuypter Notebookサーバーを起動します。

前述のMinicondaでPythonの環境をインストールしていれば、以下のコマンドでJupyter Notebookサーバーを起動することができます。

$ jupyter-notebook --no-browser --ip "*"

起動すると最後に以下のようなメッセージが出ます。(プロンプトは返ってきません。このままつないでおきます。Ctrl-Cで終了します。)

    To access the notebook, open this file in a browser:            file:///lustre7/home/lustre4/youraccount/.local/share/jupyter/runtime/nbserver-693-open.html    Or copy and paste one of these URLs:            http://localhost:8888/?token=bc5ae6c7d53b76f9721c95308cf25405c399bbc770b37040     or http://127.0.0.1:8888/?token=bc5ae6c7d53b76f9721c95308cf25405c399bbc770b37040

ここでインタラクティブノード上のJupyter Notebookのポート番号(この例の場合8888)を覚えておきます。

SSHポートフォワード#

ユーザーのクライアントマシンで新しい端末を起動し、以下のコマンドを実行します。(プロンプトは返ってきません。何もせずこのままつないでおきます。Ctrl-Cで終了します。)

$ ssh -N gw.ddbj.nig.ac.jp -L 3001:172.19.7.186:8888Enter passphrase for key '/home/youraccount/.ssh/id_rsa': 

ここで-Lオプションの意味は以下の通りです。

-L <(1)アクセス時のポート番号>:<(2)インタラクティブノードのIPアドレス>:<(3)Jupyter Notebookのポート番号>

  • (1)については適当に決めて良いです。

  • (2)は上記の「インタラクティブノードのローカルIPアドレス」です。

  • (3)は上記の「インタラクティブノード上のJupyter Notebookのポート番号」です。

Webブラウザからのアクセス#

ユーザーのクライアントマシンのWebブラウザを用いて以下のURLにアクセスします。

http://localhost:3001/?token=bc5ae6c7d53b76f9721c95308cf25405c399bbc770b37040

  • tokenはJupyter notebookを起動した際のメッセージに表示された文字列を使います。

  • ポート番号は、上記(1)アクセス時のポート番号とします。

これでJupyter notebookのWeb画面が表示されます。

参考#

に最終更新