各種申請

サービス休止: 2月18日(月)9:00~3月5日(火)10:00 (予定)

 

ログインアカウントの申請

申請は 最終受付 1/31(木) 17:00 です。次期システムでの受付開始予定は 3/5 からです

国立遺伝学研究所は大学共同利用機関の一員として遺伝学を中心としたライフサイエンス系の研究・教育のためのリソース提供を目的としてスーパーコンピュータシステムの運営を行っています。ユーザーは遺伝研スパコンを基本的には無料で利用できることを原則としていますが、事業継続性、計算資源の効率的利用の促進の観点から特に大規模データの保存、付加的なサービスの利用に対して課金によるサービスを行っています。

また、スーパーコンピュータシステムは外国為替及び外国貿易法(外為法)の輸出管理規制の対象となっており、兵器製造目的などで使用すると処罰の対象となります。このような背景から、遺伝研スパコンでは以下の方々を対象にログインユーザーアカウントの発行を行っております。

  1. 外為法の定める国内居住者でありかつ大学あるいは国公立研究機関の教員
  2. 1.の共同研究者、あるいは1.の指導の下にある研究者、学生、委託企業の研究者など (留学生、海外への転任、海外の研究者を含む)

利用目的・成果については原則として公開となっております。ただし公開時期の延期を希望される場合はその旨承ります。

遺伝研スーパーコンピュータ ログインアカウントを希望される方は「利用規定」を御一読の上、下記リンクからアカウントを申請してください。

課金サービス利用申請

 遺伝研スパコンを基本的には無料で利用できることを原則としていますが、事業継続性、計算資源の効率的利用の促進の観点から、研究グループ単位で30TBを超えるストレージ領域を利用する場合や付加的なサービスの利用に対して課金によるサービスを行っています。詳細については「課金サービスの利用方法」をご参照ください。

 

個人ゲノム解析環境の利用申請

2018年9月より遺伝研スパコン個人ゲノム解析環境の運用を開始します。

 

その他お問い合わせ

国立遺伝学研究所スーパーコンピュータシステム利用に関する質問をメールで受け付けています。

なお、よくあるご質問とその回答について、"よくある質問(FAQ)"にまとめてありますのでまずはそちらをご覧ください。

  • メールの送信先:sc-helpdesk.png
  • メールでお問い合わせいただく際には、以下の項目を明記してください。
  • お名前(必須)
  • 所属(必須)
  • ログインアカウント
  • お問い合わせ件名(必須)
  • お問い合わせ内容(問題が再現する手順など、なるべく詳細に)

 

 


ゲノム解析パイプラインシステム

 
  • MiGAP の後継・代替解析サービスとして DFAST をご案内しております。
    ユーザーアカウントやデータ等は引き継がれませんので、ご利用を希望する方は下記ページから お願い致します。
    https://dfast.nig.ac.jp/

 

  • DDBJ Pipeline の後継・代替解析サービスとして Maser をご案内しております。
    ユーザーアカウントやデータ等は引き継がれませんので、ご利用を希望する方は下記ページよりユーザー登録をお願い致します。
    http://cell-innovation.nig.ac.jp/public/contents/service.html