メインコンテンツまでスキップ
Data SubmissionDatabaseSupercomputerActivitiesAbout Us

Node.js, TypeScriptの使い方

TypeScriptの使い方#

Node.js処理系のインストール#

サーバーサイドJavaScript処理系であるNode.jsのインストールはユーザー権限で可能なので、各自必要なバージョンを自分のホームディレクトリにインストールしてください。

nvm (node version manager)を用いたインストールが便利です。

1, 以下のコマンドにてnvmをホームディレクトリにインストールします。($HOME/.nvmディレクトリ下にインストールされます。)

curl -o- https://raw.githubusercontent.com/nvm-sh/nvm/v0.35.3/install.sh | bash

nvmをインストールすると、~/.bashrcに下記のような記述が自動的に追加されます。

export NVM_DIR="$HOME/.nvm"[ -s "$NVM_DIR/nvm.sh" ] && \. "$NVM_DIR/nvm.sh"  # This loads nvm[ -s "$NVM_DIR/bash_completion" ] && \. "$NVM_DIR/bash_completion"  # This loads nvm bash_completion

source ~/.bashrcあるいはqloginしなおすなどの方法で上記の記述を実行するとnvmが使えるようになります。

2, nvm ls-remoteで、利用可能なNode.JSのバージョンを表示させます。

3, nvm install v12.18.3のようにしてインストールします。

4, nvm use v12.18.3のようにしてNode.JS処理系をアクティベートします。~/.bashrc の最後にこれを追加しておくと良いです。

TypeScriptなどのインストール#

npm (node package manager)コマンドにより、TypeScriptおよび関連するツールをインストールします。

npm install -g typescript @types/node ts-nodenpm install -g typedoc jsdoc npm install -g pkg yarnnpm install -g tslint

nvm install, nvm useを用いて、使用するNode.js処理系のバージョンを変えた場合は、TypeScript及び関連するツールもインストールし直す必要があります。

注意事項#

TypeScriptがインストールできない#

上記のようにnpm install -g typescriptを実行すると、$HOME/.nvm/versions/node/v12.18.3/ といったディレクトリの下にtscやtsserverなどのファイルがインストールされるはずであるが、インストールされていない場合の対処方法です。

以下のコマンドを実行したときに、nvm useで指定しているバージョンと同じバージョンが表示されるかを確かめます。(これが一致していないのがインストールできない原因です。)

$ npm config get prefix /home/youraccount/.nvm/versions/node/v16.3.0

以下のコマンドでprefixを正しく調整します。 npm config set prefix /home/youraccount/.nvm/versions/node/v12.18.3

その後、TypeScriptをインストールします。

Cannot install TypeScript globally

に最終更新